Artists

出品作家

©西光祐輔

金氏徹平

京都生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。日常品、ファウンド・オブジェ、フィギュア、雑誌の切り抜き等をベースに、コラージュ手法でつなぎ合わせた作品を制作して、日常における既存の解釈・文脈を問いかける。ユーレンス現代美術センター(北京)、横浜美術館、森美術館、シンガポール国立美術館を始め、国内外主要都市で個展、グループ展にて作品を発表している。平成24年度京都市芸術新人賞、平成27年度京都府文化賞奨励賞受賞。


金氏徹平は、日常品、ファウンドオブジェクト、漫画のキャラクターを用いて作られた楽しくかつ威嚇的な彫刻を通して、今日の日本文化における大量消費を鋭く追及する。過剰消費の排出品を繋ぎ合わせて作るポップな色彩の彫刻や、漫画のセリフのようなプリントは、過度な刺激、飽和状態のイメージに囲まれて育つ彼の文化の産物である。 2002年以降の代表的なシリーズWhite Dischargeは、アクション・フィギュア、プラスティック製の食品等の細かいものを、ねっとりとした白いレジンで覆い構成したものだ。静的かつダイナミックなフォルムという、人の意をつく魅力的な手仕事は、相容れない要素の具現化である。物理的であろうが、心理的であろうが、それぞれの性質が重層化し、合理化し、さらに複雑な配置をなし、そこに新しい命が吹き込まれる。

From Jane Lombard’s website

Works

金氏徹平 出品作品

Ghost in the Liquid Room (Chocolate)  2019

ただ (@ゆかい)

Ghost in the Liquid Room (Chocolate) 2019

インクジェットプリント、紙、パネル、ウレタンコーティング、留め具

550x650x60mm

2019年

Sold

チョコレート、化粧品、スライムなど既存の液体状のイメージを切り抜き、建築用の合板に貼り付けたもので構築したレリーフ。
世界を流れる流動的なイメージを使った抽象画であり、既存の構造を流動化させる新しいイメージでもある

Ghost in the Liquid Room (Make-up Shadow) #21

ただ (@ゆかい)

Ghost in the Liquid Room (Make-up Shadow) #21

インクジェットプリント、木

550x650x60mm

2014-2019年

500,000 円(税別)

チョコレート、化粧品、スライムなど既存の液体状のイメージを切り抜き、建築用の合板に貼り付けたもので構築したレリーフ。
世界を流れる流動的なイメージを使った抽象画であり、既存の構造を流動化させる新しいイメージでもある

展示場所 : 2階 ④

error: Content is protected !!